住まいのトラブルに直面したら?そんな時は弁護士に相談しよう!

2017年10月26日

住まいのトラブルの種類

所有物件でも賃貸物件でも、住まいのトラブルはよく起こります。

所有物件を購入する場合は、後から欠陥住宅であることがわかったり、欠陥住宅というほどでなくても、工事が不十分で住みにくかったりなどといった問題が生じることもあるでしょう。

それ以外でも、リフォームに関するトラブルもしばしば耳にします。

賃貸では、思いのほか家が傷んでいて暮らしにくい、隣の騒音がストレートに伝わってくる、隣と相性が合わないなど、つらいこともあります。

また、マンションでは、維持・管理費の問題や権利関係の複雑さから、トラブルが起こったときの解決方法がなかなか見つかりにくいこともあるでしょう。

できれば安穏に毎日生活していきたいと思っても、意外な時に意外な形で住まいのトラブルは生じるものなのです。

そんな時は弁護士に依頼をすればいい

弁護士にも得意分野がいろいろあり、住いのトラブルに関する悩みがあるのならば、その方面が専門の弁護士に相談しなければなりません。

では、どう選ぶかですが、ネットで検索することになるでしょう。知り合いがいて、いい弁護士を紹介してもらえる場合は別ですが、普通はそのようなことはなくネット検索するしか手がありません。「住まいトラブル弁護士」で検索すれば、いろいろなページが出てきますが、各地の弁護士会に相談するという手もあります。相談無料で受け付けているところも多いので、ぜひ利用してみましょう。

特定の法律事務所を選ぶ場合は、住いのトラブルが専門かを確認したうえで、過去の実績も併せて見てください。どの程度うまく物事を解決させているのかがわかれば、依頼をしやすくなります。

「悪魔のミカタ」はライトノベル作品です。2002年に第1巻がライトノベル中心の文庫レーベルより刊行され、以降シリーズ化されました。