幸せなセカンドライフをおくるためにイデコ

2017年9月29日

イデコ(iDeCo)ってなに?

イデコ(iDeCo)は、公的年金制度に加入している60歳未満の全ての人が加入できる個人型確定拠出年金のことです。ただし、国民年金保険料の免除を受けている人は原則加入できません。以前は、自営業者や企業に勤めている人の一部に加入が限られていましたが、平成29年1月以降は企業年金を実施している会社に勤めている人や専業主婦、公務員を含め公的年金制度に加入している60歳未満の全ての人が加入できるようになりました。イデコは加入者自らが運用方法を選び、掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受けることができます。

無理のない負担で豊かなセカンドライフ

イデコは月々5,000円から始められ、掛金を1,000円単位で自由に設定できるので、無理のない負担で老後に備えることができます。公的年金にプラスして給付を受けられますので、退職してからのセカンドライフを豊かに過ごすことができます。

税制面での3つのメリット!

イデコは加入(運用)中と受取り時に税制面でのメリットが3つあります。《その1》掛け金全額が税額軽減の対象となります。《その2》イデコの運用益は非課税で再投資されます。《その3》イデコは受取り方法を選択することができ、年金として受取る場合は「公的年金等控除」、一時金の場合は「退職所得控除」の対象となります。老後の資産形成を目的とした年金制度イデコだからこそ、税制の優遇が行われるのです。

イデコの運用商品選択時の注意点

イデコの運用商品の中には、元本が確保されないものもあります。運用商品を選ぶ際は、その商品の特徴等をよく理解したうえで選択しなくてはなりません。

イデコとは、私的年金のひとつである個人型確定拠出年金の愛称です。2001年に開始された制度ですが、近年注目されており加入者も増加しています。