相続が始まってからでは遅い!どんな対策をしとくのいい?

2017年9月29日

相続時精算課税制度を利用して贈与を受ける

親族などから財産を受ける時、税金がかかるときもあればかからないときもあります。親子間で普通に生活するお金のやり取りなどはかかりませんが、住宅の権利を変更したり、相当額の金額の移転があると贈与に該当します。贈与となれば贈与税がかかります。かといって資産の移転を相続まで遅らせれば、資産の有効活用ができません。そこで行いたいのが、相続時精算課税制度の活用です。制度を利用する旨を伝えれば、2500万円までは贈与税をかけずに資産の移転ができます。2500万円を超えた部分は、一律20パーセントの贈与税となります。この制度を利用した時、実際に相続をするときに相続税を計算し直しますが、あくまでも贈与時の価格で税金の計算は行われます。

生命保険を利用するとなぜ相続税が得になるか

生命保険を利用する目的は、自分が死んだときに家族などに生活費などを残すためです。若い人だと資産がないでしょうから、子供の教育費などを保険で用意できるようにします。この意味合いからすると、生命保険の必要性は若い人が中心になります。でもそれ以外でもうまい使い方があります。それは、相続税対策です。一定の資産があるとき、推定相続人を受取人にした契約を行います。資産があるなら払い済みがいいでしょう。自分が死ねば相続が始まりますが、生命保険は相続財産とは別の扱いになります。遺産分割の対象にならないので、他の相続人と話し合うまでもなく受けられます。相続税の支払いなどに使えるメリットがあります。また、受けた額から一定額を控除できるのもメリットになります。

横浜市は18の行政区からなる都市で、約370万という人口を有している大都市です。そのため、住宅地も非常に多く、税理事務所も多数あることから、相続税の税理士を神奈川で探すなら横浜市で探すと良いでしょう。