税理士は、個人にとっても、会社にとっても良いパートナーです!

2017年10月26日

税理士は、遠い存在ではありません身近です!

日常生活において、税金の問題は、遠い事ではなく身近な問題です。何か買い物をすれば、消費税がかかりますし、お仕事をすると、そのお給料から源泉所得税が控除されています。また、住所地の地方自治体には、市・県民税を収めたりしますし、家を購入したら、固定資産税がかかり、不動産取得税を納めたりします。このような様々な税務の問題について、納める側に立って親身に考えてくれるのが税理士です。知っていれば、色々な節税が可能な場合があります。そのような相談に乗ってくれたり、難しい税務申告書類の作成を代わりに行ってくれる心強い存在です。冬になると、確定申告の時期があり、そこでは、税理士が無料で相談に応じてくれたりします。身近な存在の税理士をうまく活用することにより、税金の問題ともうまく付き合うことができるでしょう。

会社経営にとって税理士は非常に役立つ存在です!

会社を経営していると、その経営上税金の問題が重くのしかかってくることがあるでしょう。会社そのものにも税金がかかることがあります。法人税がその代表です。また、消費税の負担も比重が大きい場合があるでしょう。素人の考えでは、なかなか良い知恵がわかない場合がありますが、税務の専門家である税理士であれば、コンプライアンスにのっとって、適切に良いアイデアを考えてくれます。経費の中でも、税金は必ず納付しなければならない固定費でありますから、この部分を節約できれば、それにより、利益が増す場合が多々あります。何もかも四角四面の対応をするのではなく、柔軟に考えるためにも、節税について専門的な知識を有する税理士を活用することで、会社の利益向上についてより良い方向へ導くことができるでしょう。

遺産相続や確定申告などの相談をしたいなら、葛飾区の税理士に問い合わせてみましょう。実績が豊富ですから、とても頼り甲斐があります。